プロフィール

花こまめ

Author:花こまめ
パパさんと、娘の姫こまめ(2005年7月生まれ)との3人暮らし。2008年1月第2子出産予定。
パパさんの仕事の関係で、米国テキサス州サンアントニオ在住。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産費用

今まで、健診の度にきっかり25ドルずつ払っていたのだけれど
先週の健診の際に、「出産まで責任をもって貴院に通います」だの
「分娩の際は、やむをえず担当医が変わる場合があるのを認めます」だの
「出産に掛かる費用は、期日までにきちんを納めます」だの
たくさんの書類にサインしたところ、正式な費用の請求書を渡された。

それによると、私の場合は保険が利いて
総額562ドル。驚きの安さだ
しかも、産前・産後の健診費用がすべて入って、このお値段

この金額を、来月から3回に渡って前払いするそう。

姫こまめは、日本の全国組織の総合病院で生まれたが
産前・産後の健診費用は別で、
分娩のみで56万円かかったと記憶している。

もちろん、後日、出産一時金として健康保険から
30万円が振り込まれたけれど、ただでさえ忙しい時期に
なんだか、手続きが面倒だったっけ。

サンアントニオでは、子どもを4人も5人も連れている
若いおっかさんを見かけることも少なくないけど
こういう制度も一役買っているのかもしれない。




スポンサーサイト

ペーパーワーク

今日、病院の健診に行ってきた。

私が通っている病院では、スタッフの仕事がとても細かく分かれていて
超音波検査の日は、専門の技師さんに予約
血液検査の日は、別の技師さんに予約
お医者さんの診察の日は、お医者さんに予約、と
それぞれ個別に予約をしなくてはならない。

そして、そのそれぞれの日に「ペーパーワーク」と称する
書類の作成があり、これが結構な量である。

超音波検査があれば、その検査の利点と欠点について書かれた
長い長い説明文を読んだあと
副作用を理解した上で検査を受けます、とサイン。

血液検査があれば、やはり長い長い説明文を読んだ後
エイズなどの重篤な病に罹患している場合は、
どの保険会社に連絡するか、しないか、正式に許可します、とサイン。

胎児に染色体異常があるかどうかの検査の際には、
これまた長い文章を読んだ後、検査には間違った結果がでる場合と
副作用があることを理解した上で検査を受けます、とサイン。

そして、ゆくゆく考えた上で、考えが変わった場合は
速やかに病院に連絡する義務があることを承知しています、とサイン。

ふうう~

病院に一度かかってしまえば、
あとはお任せ状態で良かった日本とは大違いで
患者の権利が守られているというか、訴訟対策というか、
常に自己決定が求められるような気がする。











晴れて、妊婦認定

本日、産婦人科の初診終了。
胎児の心音も無事、確認でき、正常な妊娠と判断された。

自宅で、市販の妊娠検査薬を試してみて、陽性反応が出たのが
5月23日だから、それから病院を探して、予約を取って
初診にこぎ着けるまで一ヶ月と少しかかったことになる。

当然のことだが、アメリカの産婦人科の制度は
日本のそれとは、全くといって言っていいほど違う。

まずは比較的、家から通いやすそうで、
自分の好みにあった病院を2カ所、直接訪ねてみたが
診療科目に産婦人科があっても、大抵は急患受け入れのみで
お医者さんは常勤していないため、見事に門前払い。

どうも、100人近くいる登録医の中から、
通いやすそうな診療所のお医者さんを紹介してもらって
健診は、全てその診療所で受け、いよいよ出産という段階になってから
分娩施設のある大きい病院に行って、産むシステムらしい。

さて、私が病院で紹介してもらったのは、自宅近所のドクターDの診療所。

受付には30人くらいの事務員が働いていて
予約がある旨を伝えると、まずは病院・患者側双方の
権利・規約等がびっしり書いてある書類にサイン。

まもなく個室に通されて、看護士さんから、最終月経の開始日
妊娠検査薬を試してみたか、薬にアレルギーがないか、など簡単な問診。

次に、身長・体重・血圧の測定、尿検査を行い、別室に通される。
もちろん、そこも完全な個室で、
日本で言えば、歯医者さんの診療台を思わせるような
シンプルな作りの診療台が、ひとつ置いてある。

そこに、ドクターDが登場。
パパさんが、事前にネットで確認したところ、川村慈英さん似の
40代くらいのイケメン・ドクターだと言っていたのに、現れたのは
総白髪の、でっぷりとした50代後半くらいのお医者さんガビーン

最初に、前回の妊娠・出産の経過、婦人科の既往症などを詳しく聞かれ
出産までの診療システムの簡単な説明を受ける。

次は、いよいよ診察だ。私はスカートを履いていったが、
割烹着のような病衣を渡され、上から羽織るので、
スカートじゃなくても良かったらしい。

まず、お腹の上から触診、次に手のひらサイズの機械を
お腹の上にあて、胎児の心音を確認。
次に、小さな小さなハンディ・サイズの器具で
内診、正常妊娠が告げられた。

超音波診断はなし。なんだか、日本で受けたものより
ずいぶんと簡単で、体への負担はとっても少ない。

日本の産婦人科特有の、あの、怪しげなピンクのカーテンもなく
お医者さんと、フェイス・トゥー・フェイス。
あっけらかんとしたオープンな感じのせいか恐怖感はなく
かえって、人間的な扱いを受けたようにさえ感じた。

診察が終わったら、先ほどの受付で、次回の予約と支払いをする。
診察代は、保険はきかずに25ドル。ええ~安い

診療所内は、感染症予防の観点から、子ども連れ禁止。
通訳と子守りを兼ねてパパさんに同行願ったが、
急遽、パパさんは姫こまめを連れて、外をお散歩。
私ひとりでの診察となったが、特に言葉の面で問題はなかった。

そうそう、最後にひとつ。
カルテを見た看護士さんに、「あなた、ほんとうに▲歳なの?!
19歳の間違いでしょう???」って言われて
今日は、とっても有頂天~~~~~































 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。