プロフィール

花こまめ

Author:花こまめ
パパさんと、娘の姫こまめ(2005年7月生まれ)との3人暮らし。2008年1月第2子出産予定。
パパさんの仕事の関係で、米国テキサス州サンアントニオ在住。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミ捨て事情

日本に住んでいたときは、ゴミの日は週三日、そのうち
二日はふつうゴミの日で、残りの一日がリサイクルの日だった。

リサイクルの日には、プラスチックごみ、ペットボトル、缶、瓶、
電池、蛍光管などをそれぞれ分別して一週間分まとめて出すから
結構な量になり、うっかり収集日に出し忘れると、
大変なことになったものだ。

その他にも、雑誌・新聞紙・段ボールなどの紙類は
ひもでまとめてマンションの資源ゴミ回収日に出して、
牛乳パックや、肉・魚が入っていたトレイは
きれいに洗ってから、スーパーの回収ボックスに出して、
家具や布団などの大物は自治体のセンターに依頼して
有料で個別対応してもらって、と細々と決まっていた。

ところがサンアントニオに来てから、ゴミ事情は一転。
アパートの敷地内のあちこちに日本のマンションにあるような
大きなゴミ用コンテナが置いてあって、24時間365日
いつでも都合のいいときにゴミを捨てれば良いことになっている。

しかも分別は一切なし 
瓶のような割れ物も、リサイクル可能な新聞紙やペットボトルも、
ふつうゴミと一緒にコンテナに投げ入れるだけ。

段ボールもつぶすなんて面倒なことは抜きでそのまんまポイ。
変わったところでは、三輪車や掃除機、ソファーなんかも
そのままバンバン投げ入れられている。

業者さんがごみの収集に来るときも、日本のように
牧歌的な音楽をならしながら、手作業で集めたりなんかはしない。

両脇に2本の手のようなクレーンがついた大型トラックがやって来て
ドライバーさんが運転席に座ったまま、そのクレーンを
レバーで操作してコンテナを持ち上げる。
そして、トラックの上部でコンテナを上下さかさまにひっくりかえすと、
トラックにある大きな穴にごみがすっぽり入る仕組み。

そのときの音のすごいこと、すごいこと。
そのさまは、なんだかちょっぴり、おひつに入ったご飯を
頭からバクリと食べる嫁さんの昔話を思い出す。
しかも、朝まだ暗いうちから収集に来るから、驚きだ。

引っ越して来た当初は、楽ちんでいいなあと思ったが
これでいいのかな?と心配になるときも、たまにある。

日本で住んでいた自治体には、分別上手なワケルくんと
再利用上手なしっかり者のセツコさんという
ご夫婦が中心となってゴミ減量運動に取り組んでおられたが
是非ともサンアントニオに講演をされに来てはと思う。












スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hanakomame.blog90.fc2.com/tb.php/23-3286045a

なんでもあり

今住んでいるアパートのゴミ出しルールは、この方も紹介されているように、アパートの敷地内に置かれているゴミ回収ボックスにいつでも入れていいという非常にシンプルなルールです。日本から来たわたしとしては、「こんなんで良いの?」とおどろきながらも、その楽さに慣れ

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。