プロフィール

花こまめ

Author:花こまめ
パパさんと、娘の姫こまめ(2005年7月生まれ)との3人暮らし。2008年1月第2子出産予定。
パパさんの仕事の関係で、米国テキサス州サンアントニオ在住。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィン

日中はまだまだ暑いサンアントニオも
朝夕はだいぶ涼しくなって、ドングリがたくさん落ちるようになった。

スーパーの店頭にもオレンジや緑の大小さまざまな
かぼちゃがならんでいる。

かぼちゃと言えばハロウィン。姫こまめが
ハロウィンに着る衣装を買いに行った。

かぼちゃをかたどった着ぐるみ風のものや
海賊、ちびっこ魔女やテントウ虫などなど
こども用のものは、どれもどれもカワイイ。

「かわいいのがいっぱいあって、迷っちゃうな~
店に入るなり買い物熱が全開になった母であったが
洋服から靴下、靴にいたるまで、全身のコーディネートに
毎日うるさい姫こまめ。
案の定、自分の気に入った衣装を指さして
「買う~買う~」とわめく。

「へ?これ??」それって、全然かわいくないと思うけど。。
母としては絶対ありえない選択肢・・・。
「ねえ、こっちもかわいいよ~。スカートが三段フリルになってて
足と手と首にふわふわの羽飾りがついてるし、おそろいの
髪飾りもついてるよ~」と説得を試みたが
パパさんの「花こまめが着るんじゃないんだから」の一言で
泣く泣く姫こまめの希望を尊重することに。

姫こまめが選んだのは、ネコ耳のカチューシャがついた
ヒョウ柄のワンピース。ママとしては、背中に羽がついた
妖精系か、プリンセス系が良かったなあ、ちぇ。

帰り道中、買い物袋を片時も離さず
袋から幾度となく出しては仕舞って、袖を通しては
にんまりしている姫こまめ。本人が楽しむことが一番か。

これから先、私の気に入ったものを
着てくれることは二度とないんだろうなあ。
ちょっぴり残念。
















スポンサーサイト

卒乳できるかも?

一週間くらい前の話。

洗濯ものをたたんでいたら
ふいに姫こまめが私の目の前にやってきて
おっぱいを指さしながら
「ママ、タイタイ。(ママはおっぱいが痛い、の意)
 に、バイバイ、キラッキラ~。
(2歳だから、おっぱいバイバイ、2歳はかっこいい、の意)」
と言う。

この会話は私たち母子の間で、何度となく交わされたものなので
頭では分かっているのね~くらいに受け止めていたのだが
今回は少し様子が違う。

「そうだよ、ママはおっぱいがイタイタイ。
 バイバイできるかな~?」と言ったところ、
小さな手で私のおっぱいをむんずとつかみ、しきりにモミモミ。
そして私の顔を見上げて、「どうお?」と聞く。

私は、思わず涙がポロリ。
「もっとおっぱい飲みたいよね。でも、ママは
 おっぱいがイタイイタイ。ごめんね、バイバイしようね。」
すると、ますますモミモミしては「どうお?」と聞くではないか。

そして、その夜。ふとんの上で本を読んでやったら
電気を消して、と言うので、その通りにしたら
そのままコトンと寝てしまった。

ひとつも泣かず、ひとつも吸わず。

結局、その日は、まる一日おっぱいを飲まなかった。
その二日前は、泣き疲れて寝るまで吸わせなかったら
2時間と少し大暴れしたにもかかわらず。

それ以来、毎晩とはいかないけれど
おっぱいなしで寝付く日が増えてきた。

卒乳まで、あと少しだ。













はじめてのチュウ

近頃、姫こまめのオンナっぷりが上がったのか
知らない男の子に声をかけられることが増えた。

なかでも、ヒスパニック系の男の子は積極的で
1歳のぼうやは「ダア~ダア~」と言いながら手を触れてきて
2歳のぼうやは、覚えたてのスペイン語で「オラー!」。
4歳のぼうやは、自信たっぷりに近づいてきて
しきりに力こぶを出しては肉体美をアピール。
10歳ともなると、”ディエゴ”と書かれたボールを差し出し
「これ、ボクの名前入りだよローズ2良かったら持って帰りなよ。」
と、なんともほほえましいのである。

先日、本屋さんに行ったときのこと。

どこからともなく3歳くらいの男の子がやってきて
なにやら姫こまめにゴニョゴニョと
一生懸命、スペイン語で話しかけている。

その子のお父さんは、もう店を出たかったらしく
何度もお父さんに促され、お父さんのところに走っていたぼうや。

しかし、姫こまめがよほど気に入ったとみえて
トコトコと姫こまめのほうに戻ってきて
「ブッチュウ~heart02

いやはや、ラテンの熱い血は、幼きうちから

恥ずかしそうにうつむいていた姫こまめは
やっぱり、幼きうちからヤマトナデシコ



卒乳できる・・・カナ? その3

先月、サンアントニオにサーカスが来たので
パパさんにチケットを買ってもらい
「ぞうさんが来るよ~。姫こまめちゃん、おっぱいバイバイだゾウ。
 えらいゾウ。さすが2歳だゾウ。って褒めてくれるよ~。
 大きいニャンニャン(トラ、の意)も来るよ~。
 姫こまめちゃん、すごいニャン。おっぱいバイバイだニャン。
 って褒めてくれるよ~。」としつこく言い続けていた。

すると、本人なりに楽しみだったらしく、ときおり
「に!(2歳、の意) ゾウ、ゾウ。ニャンニャン。
 パパ、ブーブー!(パパが車で連れて行ってくれる、の意)」と言って
おっぱいを途中で、自分から切り上げることがあった。

そして不思議なことに、当日の前の晩から突然、
夜間のおっぱいを欲しがらなくなった。
お陰で私は、生後約2年目にして、はじめて一晩とおして
眠ることができたのだ。

そして、その2週間後。
今度は、姫こまめが大のお気に入りのアニメ「ゴー!ディエゴ、ゴー」の
ミュージカルが来たので、やはりチケットをゲットし
「ディエゴとドーラのお家に遊びに行くよ~。
 おっぱいバイバイする子だけが集まるんだよ~。みんなで
 『おっぱいバイバイ、イエ~イ、
  ウィー ディド イット!(番組のハイライトの歌)』って
 踊るんだよ~。」と言い続けたところ
なんと、当日前の日から見事に日中のおっぱいを欲しがらなくなった。

なんとも不思議なものである。

残すところ、昼寝と夜の寝かしつけの2回のおっぱいのみ。
卒乳できる・・・かも。





 

卒乳できる・・・カナ? その2

夜の授乳を止めるのは難しそうだったので
まずは、昼間の授乳から止めていこうと思い、
日中は、あの手この手で気をそらすようにしていた。

好物のフルーツとチーズをいつも4~5種類づつ常備しておいて
おっぱいを欲しがったら、それを与えて済ませてみたり
やむを得ず飲ませたときでも、おっぱいの途中で
「いちごあるけど、食べる~?」と勧めて授乳時間を短く切り上げたり。

はたまた、散歩に誘い出してみたり、お気に入りのパズルで
遊んでやったり、まあ、色んなことを試してきた。

しかし、敵もさるもの、姫こまめも知恵がついているので
ウソをついても、おっぱいにありつこうとする。

寝かしつけの時と夜間は、なかなか止められないらしいので
好きなように飲ませていたのだが、「眠いときはもらえる」と
判断したらしく、「ネンネン(眠い、の意)、ネンネン」と
言いながら、私の手を引っ張って寝室まで誘導し
いつも寝るときのお供にしている「ドウドウ(ドングリ、の意)」と
「ピッピ(ニワトリのおもちゃ、の意)」を所望し
目をこすりながら、眠そうなフリをする。

それがまた、迫真の演技なので、だまされること度々。

しばらく飲ませてから、おかしいなあと思って
「あんた、ホントは眠くないでしょう?!」と聞くと
してやったりといった顔で、にや~っと笑う。

そして、その後はご機嫌なのだえーん








 

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。